知らないでは許されない 通夜・葬儀・法事の席でのタブー > 通夜、葬儀での服装について > クロコのバッグに金ピカアクセサリー

クロコのバッグに金ピカアクセサリー

金のアクセサリーは通夜なら大丈夫?・・・失礼

通夜、葬儀金ピカのアクセサリータブーです。基本的にアクセサリーは、結婚指輪程度に抑え、ネックレスをする場合はパールの一連。二連のパールは「物を重ねる」ことになるので、結婚式ではOKですが、弔事では厳禁です。

また、金の飾りが付いているデザインのパンプスも正式ではありません。飾りのまったく付いていない黒パンプスを履きましょう。ピンヒールや、サンダル、光沢感のあるエナメルはNGです。

また、ストッキングは黒に限りますが、伝線した場合に備えて、予備の黒ストッキングを1足持って行くと安心です。

参考リンク:冠婚葬祭でのマナースタイル!フォーマルに靴を履きこなすオンナになるために

クロコのバッグを持って行くのは?・・・大変失礼

弔事光沢感のある素材服でも小物類でもいけません。まして、高級感があるクロコのバッグを持って、通夜、葬儀に列席など言語道断。バッグは革製品だと殺生につながるため、布製が正式とされていますが、この考え方も最近はかなりゆるやかになっています。

もし黒の革製バッグを使うのであれば、光沢が無く、金具のついていないシンプルなデザインのものを。バッグに金具が付いいることを、近所の人から注意されて「お葬式の間、ずっと金具を手で隠し続けた」なんてエピソードもあるので気をつけてください。

おすすめの記事


多々あるサイトから抜粋した、厳選おすすめサイト

Copyright (C)2018知らないでは許されない 通夜・葬儀・法事の席でのタブー.All rights reserved.