知らないでは許されない 通夜・葬儀・法事の席でのタブー > 通夜、葬儀での服装について > 社会人で白のソックスにスニーカー

社会人で白のソックスにスニーカー

大人が白いソックスにスニーカーで通夜に出席するのは?・・・子ども以外は大変失礼

子どもの場合は白いソックスにスニーカー・・・は仕方ないにしても、社会人でこのスタイルは通夜であってもみっともない。靴を脱ぐことがあった場合、特に足元は目立つんです。お悔みの席は下を向いている人も多いですから、思った以上に目につきやすい。

Amazon.co.jp
ルミニーオ(luminio)イタリア製ビジネスシューズ
男性の場合、ソックスは黒で無地。でも、「うっかり穴が開いていたことに気づかず」なんてことも、起きやすいので黒のソックスは予備の分も用意しておきましょう。靴は金具のない黒。ゴールドは基本的に避ける必要があるため、ネクタイピンもカフスも付けないのが通例です。

腕時計はゴールドでも仕方ない?・・・失礼

画像引用:http://you-know-m.com

「腕時計はブランド物のゴールドのしか持っていないから」と、通夜、葬儀金の腕時計をしていくのは、やはり非常識。ブレスレットタイプの腕時計は、どんなに高級品であろうと、スニーカーを履いていくのと同じくらい恥ずかしいことなんです。お焼香の時は手元が目立つので、「キラリ!」はまずい! 

基本はシンプルな黒の革ベルトの時計ですが、「今どきそんなダサい時計を買う奴なんていない」という人もいたり。「黒のGショックならいいんじゃない?」という意見もあり。いろんな見方があるものの金の腕時計だけは考え物。それしかないなら、弔事の席では外しましょう。

シンプルな時計を一つ持っておくという身だしなみ

シンプルな時計(シチズン REGUNO)
Amazon.co.jp
シチズン(CITIZEN REGUNO)
社会人になれば、TPOに合わせて使い分けたい時計。
厳格な場でアレコレと気にすることのない、シンプルな時計を一つ持っておくのも、立派な身だしなみです。
いざという時は意外と急にやってくるものですから、「備えあれば憂いなし」という気持ちで準備しておくのがベターでしょう。

おすすめの記事


Copyright (C)2018知らないでは許されない 通夜・葬儀・法事の席でのタブー.All rights reserved.