知らないでは許されない 通夜・葬儀・法事の席でのタブー > 通夜、葬儀での服装について > 社会人になり立て、リクルートスーツでの列席

社会人になり立て、リクルートスーツでの列席

就職したばかりで会社の人の通夜に濃紺のリクルートスーツで行くのは?・・・失礼でない

この場合のポイントは、「就職して間もなく」ですから「リクルートスーツしか持っていない」というのは仕方ないことです。初任給ですぐブラックフォーマルを買うというのも何ですし。通夜の席であれば濃紺、ダークグレーなどのダークカラーのスーツは許容範囲です。ストライプの線は薄くても目立つので避けましょう。

ただし、ネクタイとソックスは、黒を着用することです。その程度の物であれば、「お金がない」人でも100円ショップで入手できます。もちろん、一時的なものですけど。それでも、一応のマナーはクリアということになります。
■参考サイト:葬儀の服装・持ち物

黒ならリクルートスーツでも葬儀は大丈夫?・・・やや失礼

通夜の席では黒以外の濃紺、ダークグレーが認められますが、葬儀の場合黒のスーツです。「だったらリクルートスーツでも黒ならよい?」というと、これはビミョウ。普通のスーツの黒礼装用の黒生地や織が違います。葬儀の席で一同が黒い喪服で並ぶ場合は、光の加減でリクルートスーツの黒はそれとなくわかってしまうもの。

最近は葬儀でも略例服、いわゆるブラックフォーマルで出席する傾向にありますが、スーツはダブル、シングル、三つ揃い、ともに可。スーツの中のシャツ白の無地が基本です。ポケットチーフは付けません。

出典:http://zexy.net

おすすめの記事


Copyright (C)2018知らないでは許されない 通夜・葬儀・法事の席でのタブー.All rights reserved.