知らないでは許されない 通夜・葬儀・法事の席でのタブー > 香典・弔電の失敗とマナー > 仏前にプリザーブドフラワー

仏前にプリザーブドフラワー

知人の葬儀に出席できなかったため、後からプリザーブドフラワーを贈った・・・失礼

通夜や葬儀に欠席する場合に、花を贈ることもあります。この花は故人を偲び、霊前に供える花で供花(「きょうか」または「くげ」)と呼びます。供花にプリザーブドフラワーを選ぶのは、ドライフラワーに相当すること。御霊前にドライフラワーをお供えしませんから、ここは生花でないと失礼にあたります。

プリザーブドフラワーは、枯れずに長いこと花の美しい色合いを楽しめるので人気ですが、仏壇のお供え物として適したものではありません。プリザーブドフラワーが好きな故人であっても、生花が無難です。
■参考サイト:供花の贈り方、お返しについて

キリスト教式の葬儀で故人が好きであったチューリップの花を贈った・・・大変失礼

キリスト教式の場合も供花は生花です。形はブーケであっても、花輪であっても構いません。花は白い花だけが基本。

なかでも白いユリは聖母マリアの象徴とされ、供花によく使われます。ですから、いくら故人がチューリップ好きといっても、色とりどりのチューリップは失礼にあたります。

また、キリスト教式では、仏式や神式のように供物の習慣はありません。故人を悼む気持ちを花だけに託すのが通例です。
出典:http://allabout.co.jp

おすすめの記事


Copyright (C)2018知らないでは許されない 通夜・葬儀・法事の席でのタブー.All rights reserved.